土曜クラス

“Stop thief!” どろぼうだ、どろぼうだ!

こちらは、相模原市 橋本、町田市 多摩境の英語教室、ラボのざきパーティのHPです。

本日の活動について

本日は、ブレーメンの復習をしてから、ペアでの活動を楽しみました。

また、ピーター・ラビットの最初を動いて、みんなで表現を考えたり、関連したゲームに楽しく取り組んだりしました♩

お知らせ

活動場所・時間のお知らせ @103

3月 @103
<宣言中> 10:00~11:15
<宣言解除> 9:30~11:30 2コマ

·6日
·13日
·20日
·27日

今週の「聴き込み表」の取り組み♩

  • とわこちゃん 15回
  • たいち君  11回
  • しおん君 11回
  • けんと君 8回
  • ゆあちゃん 8回
  • りこちゃん 5回
  • しんちゃん 5回

ピーター・ラビット100回聞き込み表♩

  1. 82回 とわこちゃん
  2. 69回 はやと君
  3. 64回 りくと君
  4. 52回 たいち君
  5. 50回 ゆあちゃん
  6. 47回 りこちゃん、しんちゃん
  7. 36回 けんと君
  8. 27回 しおん君
  9. 13回 けいた君

本日の活動内容

Mary Had a Little Lamb

Q&A: What can you play? I can play the〜.
5行エッセイ英語発表(ペア)
ブレーメンのセリフクイズ

Love Somebody
Look This Way

TA: SK35 The Tale of Peter Rabbit「ピーターラビットのおはなし」
最初のシーンの表現決め

Run Away From Mr. McGregor

子どもたちの様子について

★リーダー:けいた君、(サブ:たいち君) 途中参加せずに座っていたので「どうしたの?」と聞いたら、「だってつまらないから」とけいた君。何がやりたいか聞いたところ、鬼ごっことの返答。でも、ずっと鬼ごっこをするわけにはいかないから、また最後に時間があったらやろうと伝えて、ほぼ強引に活動にテューターと一緒に参加。すると、すぐに他の子とも楽しく活動するようになりました!きっかけが必要だったのかもしれませんね。

Mary Had a Little Lamb

みんなが大好きな鬼ごっこ♩

ボールをキックして、当たった子が次の鬼になりました。

Q&A: What can you play? I can play the〜.

ブレーメンに登場するセリフを定着させるために取り組んでいます。

まずはテューターが先頭さんに“What can you play?”と聞き、先頭さんが“I can play the ~.”と答えます。

そして先頭さんが2番目の子に質問し、2番目の子が答えていくという、「答える、次の子に質問する」のリレーを2グループでやりました。

5行エッセイ英語発表(ペア)

ペアを作って、英語を発表しました。

苦戦していたので、読むのはテューターが手伝いました。

ブレーメンのセリフクイズ

ブレーメンに登場したキャラクターのセリフを日本語で見せて、英語で言えたら、そのカードをゲットすることができます。

1番多くゲットしたのは、しおん君。次はとわこちゃん、そして、りこちゃんでした✨

それぞれの役の子が自分のセリフのカードをゲットできるように、かな〜りヒントを出しましたが、かかし役のおともだち、犬役のおともだちは、

何それ?覚えてないよ!

と気にする様子もない?!

テューターがっくり……苦笑

復習していきたいと思います♩

Love Somebody

英語の歌を歌いながら、ペアの子と、どれだけグー、チョキ、パーの中から、同じものを出せるか、取り組みました♩

ペアをかえて、色んな子ともやりました。

Look This Way

「こっちむいてほい」をリーダーの希望でやりました。

どのペアもかなり盛り上がりました!
息もピッタリ♩

意外と相性の良かった、体全体を使ったでしょうペア♩
(顔だけでなく、必ず上下、左右にジャンプていました笑)

打ち合わせは全くしてはいけないというルールでしたが、賢い子どもたちは、指差し役が、何度も同じパターンを指すことで、相方にパターンを伝えるという手法を生み出したではありませんか?!

テューター想定外のことに、驚き感心してしまいました✨

このゲームの目的は、楽しく英語のセンテンスを言うため、色んな仲間との距離を縮めるためなので、よしとしましょう。

まるで、指差し役に操られるロボットのようで、見ていてとても面白かったです笑

TA: SK35 The Tale of Peter Rabbit「ピーターラビットのおはなし」最初のシーンの表現決め

1トラックを動きながら、みんなで表現を考えました。

Run Away From Mr. McGregor

ハンカチ落としのピーター・ラビットバージョンです。

ピーター・ラビット役がマグレガーさんにいたずらをします。

するとマグレガーさんが怒って“Stop, thief!”(まて泥棒!)と追いかけます。

捕まってしまうと、pieパイにされてしまうので、円の真ん中に入ります。

パイはどんどん入れ替わります。

みんな足が速いので、かなりスリル満点でした✨

いたずらするピーター以外は、みんな目をつぶっています

寝っ転がっているお友だちがpieです。
その後ろの、追いかけるマグレガーさんの迫力!
逃げろピーター!!

最後に

春は出会いと別れの季節。

学年が変わることで、心がそわそわしている子もいるようですが、みんななら必ず乗り越えられると信じて、温かく見守っていきたいと思います♩

また、本日はお休みの子がいたので、また次回、実行委員をやりたい子を確認し、土曜クラスの最終的な発表会実行委員を決定したいと思っています