金曜14:00クラス

ピーター・ラビットシリーズ最後は?

こちらは、相模原市 橋本、町田市 多摩境の英語教室、ラボのざきパーティのHPです。

本日の活動について

本日は、ピーター・ラビットシリーズの最後の作品「グロースターの仕たて屋」に取り組みました♩

CDの歌を聴いてから、仕立て屋さんになったつもりで、紐通しレースをして楽しみました!

お知らせ

今週の「聴き込み表」の取り組み

  • こころちゃん 100回 ✨
  • いおり君 20回✨
  • りょうや君 10回✨
  • みなと君 10回✨
  • ののかちゃん 8回✨
  • きよし君 7回✨
  • ふみかちゃん 5回✨

これから取り組むお話

  • 6月11日 GT2 ワフ家:火曜日
  • 6月18日 SK31 ピエールとライオン
  • 625日 SK17 ナーサリーライム & SK31 ひとあしひとあし
火よう,そろってピクニック

活動内容

The Mile Around
Three Little Monkeys(GTS-1)
Doctor Foster

One, Two, Three(SK17)
Four and Twenty Tailors(SK26)

SK35 The Tailor of Gloucester グロースターの仕たて屋

BOOK: DINA LIKES TO EAT/ DRIP, DRIP, DRIP/ WORM SMELLS

子どもたちの様子について

★リーダー:ふみかちゃん、まだ英語を言う時は緊張した表情ですが、少しずつ戸惑いが減ってきたように感じます♩元気いっぱいにリーダーを頑張ってくれました!

The Mile Around

今日も元気に歌に合わせて鬼ごっこ♩

きよし君、自己表現をしっかりとするようになり、「僕見てたい!」と見ていました(ひかりぐみさんに勝てないからかな?)。

Three Little Monkeys(GTS-1)

crocodileワニ役りょうや君とみなと君(リーダーが選びました)。

他のみんなはmonkeysサルになりました。


 

“Missed me!”と最後まで生き残ったのは、こころちゃんでした!

Doctor Foster

もうすぐ梅雨ですね!

雨や水溜りの歌を歌いながら、遊びました✨

Doctor Foster went to Gloucester,
In a shower of rain;
He stepped in a puddle,
Right up to his middle,
And never went there again.

1人の子がフォスター先生になって水溜り(みんな)の周りを歩きます。

そして水溜りの中に入ると、水溜りがお腹の高さに。

無事に外に出られたら、フォスター先生の勝ち♩ 

One, Two, Three(SK17)

今回も英語を唱えてから、みんなで取り組みました♩

リクエストがあり、何度も行いました!

 

Four and Twenty Tailors(SK26)

仕立て屋さんtailors、カタツムリsnailの出てくる歌を2グループに分かれて取り組んでいます♩

メロディーは違いますが「グロースターの仕立て屋」のおはなしの中にもこのライムが登場しています♩

SK35 The Tailor of Gloucester グロースターの仕たて屋

日本語であらすじを紹介し、歌のところは英日でCDを聴きました✨

それから、仕立て屋さんレース。

“No more twist! No more twist!”「穴糸が足りぬ!穴糸が足りぬ!」とセリフを言ってから、紐通しレースです。

みんな真剣!

左側のチームが勝ちました♩

BOOK: DINA LIKES TO EAT/ DRIP, DRIP, DRIP/ WORM SMELLS

3冊読みました✨

DRIP, DRIP, DRIPでは、ミミズ君が雨漏りの水をバケツに貯めて、“Water for sale!”と言いながら最後にその水を売ります

すると、保育園でバケツのお水を見つけたりょうや君。

これも絶対売れるね!

と一言。

心に残ったようで、絵本を読んで良かったなと思いました♩

最後に

次回は「ワフ家」火曜日を取り上げます♩

ワフ家は、会話だけで物語が成り立っているので、国際交流に行く前にもおすすめですし、主人公が犬で、よく兄弟喧嘩をして、時には悪口を言い合ったりもします。

家族内の自然なやり取りが描かれているので、子どもたちにも親しみやすく、人気があります。

火よう,そろってピクニック